Archive for the Category: ' テレビ '

Posted By assy

Dlifeの字幕放送

3月から放送を開始したBSデジタルの新チャンネル「Dlife」をしばらく見ていて気づいたんだけど、字幕付与率がハンパ無く高い!
NHK並みに字幕放送を行っており、通販にも字幕が付いていたのには驚いた。地上波民放キー局よりも付与率で言えば上回っていると思う。
海外ドラマや映画、ドキュメンタリー、海外バラエティなどおそらく1から字幕を作っていると思うけど、無料放送でここまでやるとは、恐るべきディズニー(←チャンネルの運営会社)。
さらに解説放送なども行っており、飛ばしすぎ感もあるけど、いつまで続くかな?

Posted By assy

Dlife

3月から放送を開始したBSデジタルの新チャンネル「Dlife」が自宅マンションの共聴では映らなく、あきらめていたんだけど、パソコンのチューナーでブロックノイズまみれで映ったので、もしやと思い、ブースタを入れたところ、見事に東芝REGZAで映った。ただ、なぜか同じ東芝でもHDDレコーダRD-X6ではレベルが一切触れなかった。
今回使ったのは、日本アンテナのラインブースタ「CBS-C25-SP」。チューナからのBS/CSアンテナ供給用電源で作動する屋内型のブースタでBS/CS帯域のみ18~26dBほど持ち上げてくれる(FM,VHF,UHFは通過)。設置は楽ちんだし、値段も3500円くらいで手頃。
ただ、ラインブースタを入れても110度CSは一切映らなかった。まぁ共聴自体110度に対応していないみたいなので仕方ないけど・・・。

Posted By assy

不正B-CASカード

WOWOWなどの有料放送を視聴できる「不正B-CASカード」が5万円ほどで売られている問題で、とうとう放送事業者がコメントを出した
販売するのは当然違法だけど、利用者についても有料放送事業者の利益を侵害し、損害賠償の対象になるとのこと。
「TS抜き」に関してはグレーな部分が多かったけど、今回は明らかに黒だけに、正式なコメントも出しやすかったのかな?

Posted By assy

110度CSの追加チャンネル

110度CSで放送していたアニマックスなど一部のチャンネルがBSに移行して帯域に空きが発生したために、昨年秋に認定申請が行われていたが、本日総務省は、110度CSデジタル放送の認定申請の結果を発表した。12事業者14チャンネルが認定される予定だそうだ。
結果を見ると、新規参入組は無く、既存チャンネルのHD化が大半。
HDは10チャンネルで、1チャンネルあたり16スロット(最大13Mbps程度)だそうで、地デジよりも多少劣るくらいの画質になりそう。
SDは4チャンネルで、囲碁将棋が3.2スロットで、残りは6スロットずつの割り振り。
囲碁将棋はHDでも希望していた筈なのにわずか3.2スロット。番組を見たことがないので分からないけど、正直静止画でも何とかなるんじゃないかと思う。(囲碁関係者さん、ごめんなさい。)

Posted By assy

「家政婦のミタ」最終回40%!

松嶋菜々子が主演する日本テレビ系連続ドラマ「家政婦のミタ2」最終回の平均視聴率が40.0%を記録した(ビデオリサーチ・関東地区)。
もう少し早くヒットしていたら間違いなく今年の流行語は「承知しました」になっていただろうに残念。
連続ドラマで40%越えは確かに凄い。テレビ離れっていわれているけど、コンテンツが良ければまだまだテレビは見てもらえるみたいだね。
CXとの視聴率争いが面白くなってきた。

日本民間放送連盟は11月14日、テレビ番組やCMの新たな音量評価指標である「ラウドネス」の運用規準を、2012年10月1日から適用することを決定した。
CMになると急に音量が大きくなったり、チャンネル間での音量差のバラツキを、新たな評価基準の「ラウドネス値」で測定し、均一化を図っていくという基準。
デジタル放送になって「音量差」の問題が顕著になってきたので視聴者に優しい放送をすることが同規準制定の目的らしいけど、基準の制定には、おそらくテレビなどの受信機側で音をいぢられたくない制作者側の意向も見え隠れしている。
テレビ側で音を均一化するのは技術的に簡単だろうけど、作り手の意図しない「音」に変えてしまうのに強い抵抗感を持つエンジニアも多く、先手を打ったという見方もある。
とにかく、来年10月からはリモコン片手にテレビの音量差に悩まされる日々ともお別れ?

Posted By assy

讀賣テレビのデータ放送

讀賣テレビのデータ放送のポリシーが変わったようで、連動データ放送中にdボタンを押すと、ダイレクトに連動データ放送が表示されるようになった。
今までは連動データ放送中であっても、いったん必ずポータル(悲連動データ放送TOP画面)が表示されていて、バナーから連動データ放送に飛ぶようになっていた。
讀賣のこだわりだったらしいんだけど、いつから変わったんだろうか?
ただ讀賣のもう一つのこだわりである「軽さ」は健在で、チャンネル切り替え直後でもdボタンがすぐに反応するあたりはさすがだと思う。

Posted By assy

讀賣テレビで珍しい放送事故

大阪の讀賣テレビで珍しい放送事故があった。
20分以上の長期にわたって画面の同期が乱れた状態が続いた。
昭和のテレビを彷彿させるような映像で、思わずテレビをひっぱたきたくなるような映像だけど、壊れたのは家庭のテレビではなく、放送局側。
ほんと、珍しい事故だったけど、一番気になったのは、復旧までに30分近くも時間がかかった点。
何があったんだろうか?気になる・・・。

YTV

事故

Posted By assy

関東の独立UHF5局

関東にある群馬テレビ、とちぎテレビ、テレビ埼玉、チバテレビ、テレビ神奈川のいわゆる独立U局の5局が今月から、「5いっしょ3ちゃんねる」キャンペーンなるモノを行っている。
これらの局は地上デジタル放送のチャンネル番号がいずれも「3」で、共同制作CMで独立U局の魅力を伝えたり、各局同じ番組を放送する「共通編成」を行うなど連携を深めている。
独立U局同士仲良くすればいいのに同じ関東にある東京MXTVは仲間はずれ。チャンネルが9だったり、他のU局よりエリアなどで恵まれた環境がやっかみを買っているようだ。
どうして仲良く出来なんだろう?

Posted By assy

ゼロワイパー

テレビ東京のワールドビジネスサテライト「トレンドたまご」のコーナーで紹介されていた車のフロントガラス用撥水剤「ゼロワイパー」が、すごい撥水力で、なかなか良さそうな商品だったんだけど、非常に手間がかかる上、塗布から持続時間が10時間程度と短く、6回分で6000円弱と結構なお値段なので、購入見送り。
一度、塗布するとワイパー厳禁、窓ふき厳禁、指でこすっても超撥水被膜がとれてしまうと言うからどんだけデリケートなんだってことだけど、だた、撥水効果はすごいので一度試して見たいなぁ。