Archive for the Category: ' 旅行 '

Posted By assy

マレーシア2日目

父のアパートで仮眠をとったあと、9時過ぎには起床。父のアパート近くを散策したが、昨夜は雨だったこともあり、ちょっと蒸し暑かった。ただ、日本ほど、湿度が高くないようで、日陰に入れば風が気持ちよかった。
その後、鉄道LRTクラナ・ジャヤ線でタマン・ジャヤ駅からKLCC駅へ移動した。自動発券機で切符を買ったら、紙ではなく、青いプラスチック製の丸いコインのようなモノが出てきた。乗るときはコインのようなモノを自動改札上部にタッチすればよく、降りるときは自販機のようにコインを投入すればOK。
KLCCは凄い都会で高いビルが多くそびえ立っていた。マレーシアは地震が無いらしく、高層ビルが結構目立った。KLCCから歩いてパビリオンへ行った。東京ストリートという日本のお店が集まった場所があり、ダイソーや原宿のクレープ、お茶やラーメン、牛丼屋などがあった。父親たっての希望もあり、昼食にとんかつを食べた。
その後、いったん父親のアパート(アルコープ)に戻った後、近所のショッピングモールで携帯のSIMカードを購入。つたない英語を駆使しながら、何とかCELCOMのブロードバンド専用プリペイドSIMを購入した。SIMロックフリーのDESIREがこんなところで役立った。父親が自宅でメールチェックしたいというので、テザリングの設定をして、PCとの接続設定をした。
夕方頃、父親が予約してくれたアパート近くの「ヒルトン・ペタリンジャヤ・ホテル」にチェックインをしてから、観光に出かけた。
通訳さんが迎えに来てくれて車でKLから車で2時間ほどの所にある「クアラ・セランゴール」へ蛍鑑賞へ出かけた。クアラ・セランゴール自然公園でお猿さんと戯れた後、川沿いのレストランで食事をした。その後、ファイアーフライ(=蛍)・パークに移動し、日没を待って人力のボートに乗りこんだ。日本の蛍と違い、凄い小さい蛍だけど、ものすごい数がいて、まるでクリスマスツリーのような輝きは感動モノ。半袖、ハーフパンツだったので蚊に刺されまくりながらも、見る価値は十分にあった。

Posted By assy

マレーシア1日目

マレーシア旅行1日目。
父親が5月末までマレーシアの首都「クアラルンプール」で単身赴任中なので、この機会に遊びに行く事にした。
僕一人なら平日5日間にしたんだけど、母親が一緒に行きたいと言うので、GWを外してなるべく休暇が少なくなるように、木曜出発にして、来週月曜(祝日)に帰国することで木金の2日間仕事を休めばいいこの時期にした。さらに母親の移動を考えて、出発地は中部国際空港からにした。
HISで航空券の手配をしてもらったけど、中部国際空港からはマレーシアへの直行便は無いので、上海か香港で乗り換えが必要とのこと。時間的に上海経由の方が都合が良かったので、上海経由で行く事にした。しかもその方が直行便よりも安いので不思議。

出国から上海までは順調で、乗り換え時間は3時間ほどしか無いので中国には入国せず、乗り換え専用窓口で手続きをした後、空港職員に案内されて裏口みたいな通路やセキュリティドアを2回ほどを通って、さらに手荷物検査を受けて、再び出国ロビーに戻された。
次の便までは時間があったので、手に入れたばかりの楽天プレミアムカードの特典「プライオリティ・パス」でラウンジを利用してみた。
スマートフォンアプリで対応ラウンジの場所を簡単に探せるからすごい便利。飲み物の他に食べ物を充実していてなかなか快適だった。

ちょっと早めに搭乗口に移動したモノの、予定時間になっても全然手続きが始まらなかったので、改めて掲示板を見たところ、「gate change」の文字が・・・。カウンターで聞いてみたら知らぬ間に搭乗口が変更になっており、ちょっと離れた場所だったので大慌てで変更された搭乗口へ向かったが、搭乗手続きを行っている様子はなく、改めて掲示板を見ると今度は「Delayed」の文字が・・・。結局予定時間を1時間以上もオーバーしてマレーシアへ出発した。

何だかんだでマレーシアには2時間遅れで到着。ただでさえ深夜0:50到着便なのに入国手続きをして荷物を受け取ったら3時過ぎだった。移動する方も疲れたけど、父親と父親がお世話になっている現地の通訳さんが空港まで迎えに来てくれていたので、彼らも待ちくたびれたと思う。
父親と合流して、通訳さんに車で父親のアパートまで送ってもらった。空港からは車で1時間ほどかかったので、4時過ぎにようやく長い1日目が終了した。

Posted By assy

韓国2日目

韓国2日目。
第3トンネルとDMZ見学に行った。本当は板門店に行きたかったんだけど、残念ながら軍事演習でこの日の見学はなし。(ちなみに板門店に行く場合は事前予約が必要で服装なども厳しくチェックされるらしい。)
韓国と北朝鮮はあくまで「休戦中」ということらしく、DMZ内は今でも武装した兵隊がそこら中にいて戦争の空気感を感じることが出来る。
第3トンネルとは北朝鮮が勝手に掘ったトンネルで、韓国に亡命した北朝鮮関係者によってその存在が明るみに出たそうだ。地上からモノレールに乗ってトンネルまで下ったあと、さらに歩いて奥まで進むことが出来る。トンネルの壁が所々黒く塗られている箇所があり、北朝鮮が「石炭を採掘してた」という言い訳のために塗ったものらしい。
DMZ(非武装地帯)なんてルータの設定画面でしか見たこと無いけど、本物は大変緊迫感のあるところで、パスポートチェックや撮影制限などあって勝手なことをしたら軍に連れて行かれそうな雰囲気だった。
見学は午前中で終了し、昼過ぎにはソウル市内に戻ったので、新羅免税店へ行ってみた。ホテルから歩いて行ったんだけど、東日本大地震の報道はソウルでも結構行われているようで、ソウル市内は至る所に応援メッセージや募金箱があった。ちなみに地震後は日本人がわざわざ韓国でランタンや懐中電灯なんかを買っていくらしい。
夜は明洞で石焼きビビンバを食べた。本当はあかすりに行きたかったけど、疲れたのでとっとと寝た。

Posted By assy

韓国1日目

「暮らし感じる、変えていく 」でお馴染みの某企業主催のオープン懸賞で、2泊3日の韓国旅行が当たったのでありがたく招待された。
ここ数年毎年のように韓国に行っていたけど、今年はロシアに行くつもりで韓国は予定していなかったんだけど、ロシアが流れて、結局韓国になるあたり、韓国に相当ご縁があるのかも。
旅行(当選)内容は韓国までのエコノミークラスの往復航空券とロッテホテル朝食付き2泊分で、初日の夜にノンバーバルパフォーマンス「NANTA」鑑賞が付いており、残りは完全自由行動という至ってシンプルな内容。
朝9時40分関空発の大韓航空機で仁川国際空港へ移動した。現地ガイドさんがロッテホテルソウルまで送迎してくれたので、ホテルにチェックインしてから、明洞散策をした。基本的にガイドさんは空港までの送迎とNANTAの案内のみで、自由行動には同行してくれないけど、滞在中に何かあれば面倒を見てもらえるので心強かった。
ノンバーバルパフォーマンス「NANTA」は、参加型のコミカルクッキングストーリーで言葉が分からなくても十分楽しめる内容。前から2列目のど真ん中の席を用意してくれて間近で野菜のにおいを感じながら楽しめた。

補足
SIMフリーの携帯電話なので、海外パケット定額の対象になるかどうか不安だったけど、街中にはフリーのWiFiスポットが結構あって助かった。
韓国に入国して携帯の電源を入れるとSK Telecomに接続されたようで親切にもすぐにSMSが飛んでき「海外パケット定額対応の業者だよ」って教えてくれた。携帯の表示はSK TelecomとSoftBankの両方の接続業者名が表示されていた。おそらくローミング中は接続先と所属が表示されるみたい。
APN設定はSoftBankのデフォルト接続先(openとかsmile)のままで繋がったので特にローミング先のAPNとかを意識する必要はないみたい。

Posted By assy

関空エアポートワシントンホテル

関空から朝一の便で韓国へ行くため、関空近くの「関西エアポートワシントンホテル」へ泊まった。
関空までは無料のシャトルバスが運行しているので、チェックイン時に予約をしてから、りんくうプレジャータウンシークルで夕食を食べた。
ホテルで荷物の整理をしている時に、携帯充電器を忘れたことに気づいたので、近くのヤマダ電機でスマートフォン対応の海外でも使える充電器とプラグ変換パーツを購入した。
昨日夜に充電器一式を袋に入れて準備していたのに悔しいなぁ・・・。